FC2ブログ
おしんの岩手再発見記

2008/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/02


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今朝の岩手県内はだいぶ冷え込んで、盛岡では氷点下9.6度、本州一寒いといわれる盛岡の藪川地区では氷点下24.2度まで下がったようです。
      >>「ブルルッ寒い朝 盛岡・薮川で氷点下24.2度」
でも天気はよかったので、あまり辛い感じではなかったですが…

今年の冬は今のところ穏やかで、雪もあまり降らないですし、極端に寒い日も少なく、むしろ「こんなに暖かくていいの?」って感じの日がけっこうあったりします。
地球温暖化のせいでしょうか?
あまり深く考えなければ単純に過ごしやすくていいんですが、地球環境のこととか考えると手放しで喜べないような気がします。

でも冬本番はこれからですからまだ気は抜けないですね。

とはいえ寒さを期待したほうがいいのか、どうなのかちょっと複雑ですねぇ…

スポンサーサイト
 
盛岡には映画館通りといわれる映画館の集中した通りがありますが、その映画館通りから盛岡ピカデリーと盛岡名劇1、名劇2の3館が消えることになりました。
施設の老朽化や入館者の減少が理由のようです。
最近は近くにシネマコンプレックスができたりもして入館者減少にも拍車がかかったと思われます。

私はとくに映画ファンというほどではないですが、これらの映画館には中学生くらいの頃からけっこうお世話になってきたので、時代の流れといえばそれまでですが、やっぱり寂しいとは思います。

また、今はレンタルDVDや有料放送などで映画も比較的早くテレビで見られますし、家庭のテレビも大型になってきたのであまり映画館に足を運ばない人も増えてきているんじゃないでしょうか。(って、自分もか…)
でもやっぱり本当にに観たい映画は映画館で観たいですけどね…

と…今、テレビでハリーポッターを見ながら書いてました…(爆
\(_"_)反省

 
20081219007_convert_20090114210107.jpg盛岡の玉山地区にある常光寺は石川啄木生誕の地です。
国道4号線、滝沢ICのある滝沢の分れから東、滝沢駅方面へ向かい10kmほど行った玉山の日戸(ひのと)地区にあります。

去年の暮れですが、なんとなく車でぶらぶらしてたら近くを通ったので立ち寄ってみました。
場所といい寺の建物といいあまり目立つところではありませんが、近くに行けば数本の杉の大木が目に入るのでそれとわかると思います。

敷地内の案内板によると「日照山常光寺は、寛永年間(1680年代)に盛岡市報徳寺の末寺として開創されました。」とありますので今から320年ほど前でしょうか。


20081219010_convert_20090114210214.jpg石川啄木(本名 石川一(はじめ))はここで明治19年2月20日(明治18年10月27日という説もあり)、常光寺の住職であった父、石川一禎と母カツの長男として生まれ、父一禎の転任で渋民村(現在の盛岡市玉山区渋民)の宝徳寺へ移るまでの1年1ヶ月をここで過ごしたといわれています。
当時の寺は改築され現在はありませんが、啄木の生まれた部屋が保存されています。

20081219008_convert_20090114210142.jpg
寺と道路の間の参道脇には樹齢300年ともいわれる杉の大木があり当時からの歴史が感じられます。

20081219004_convert_20090114205954.jpg
常光寺から東へさらに数km九十九折の坂を上って行くと岩手山の絶好の展望台です。

また、近くにある玉山支所前食堂は名物のホルモン鍋で有名です。

ザ・啄木大活字版

 
あけましておめでとうございます。m(__)m

更新をサボってたらクリスマスも大晦日も終わって年が明けてしまいました。(^_^;)

最近は世の中も大変な状況になってきてますし、自分のほうもいろいろと余裕なくて心身ともにちょっと疲れてるなぁって感じなんですが、年も変わったことだし気持ちも新たにいろいろとやってみようかと思ったりしてます。

このブログも始めてからあっという間に一年経ちましたが、なかなか思ったようにいってないので、今年はそのへんのところがもう少しうまくできればいいかなと思ってます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。