FC2ブログ
おしんの岩手再発見記

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
20090613001_convert_20090613212214.jpg今日はチャグチャグ馬コの日でした。
今年も盛岡の街を、鈴をつけ飾りつけられたたくさんの馬が歩いて行きました。
人出もかなりな感じで、開催日を変更した効果はでているような気はします。

五穀豊穣とか無病息災とかいろいろ意味はあるのでしょうが、自分にとっては年に一回たくさんの馬が街を練り歩くちょっとワクワクする日って感じで、あまり深いことは考えないでいつも楽しみにしてみているだけなんですが…。(^^ゞ


20090613003_convert_20090613212304.jpg最近は馬の数が少なくなってきて、競走馬とか県外からの応援でなんとかやっているといったこともききますが、開催するのもたいへんだと思います。

そのうちお祭りもできなくなるんじゃぁ…なんて思ったりもしてしまいますが、ずっと続いてほしいですね。


20090613005_convert_20090613215314.jpg小学校の頃は授業で学校の前の川原で休んでいる馬の絵をいつも描いたものでしたが、この人出ではとても絵を描くどころじゃないですね。
ってゆーか、今は毎年土曜日なので学校休みだし…。

でも自分にとしてはチャグチャグ馬コはやっぱり6月15日だな~。
今は毎年違う日なんでチャグチャグ馬コの日がいつなのかわかんなくなってきたし…。
祭りを人の都合に合わせるより、人が祭りに合わせるくらいのゆとりがあったほうがいいと思うなぁ。
たぶん昔はそんな感じだったんだろうなぁ。

チャグチャグ馬コとは
毎年6月に行われる「蒼前様」を信仰とするお祭で、100頭ほどの馬が、滝沢村の蒼前神社から盛岡市の八幡宮まで15キロの道のりを行進するお祭です。馬のあでやかな飾り付けとたくさんの鈴が特徴で、歩くたびにチャグチャグと鳴る鈴の音が名称の由来といわれています。

馬の飾りは、大名行列に使われた「小荷駄装束」に端を発するといわれ、色とりどりの装束に身を包んだ馬が行進する様子は圧巻です。また、そのように馬を飾り付けるのは愛馬精神のあらわれともいえるでしょう。

もともと旧暦の5月5日に行われていましたが、農繁期と重なるため昭和33年から新暦の6月15日とされました。平成13年から、6月の第2土曜日に開催されます。また、昭和53年には国の無形民俗文化財に選定。平成8年には、馬の鈴の音が環境省の「残したい“日本の音風景100選”」に認定されています。 「滝沢村観光協会HPより」

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doppuriiwate.blog35.fc2.com/tb.php/146-7cd936cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。